岐阜県議会議員 山田まさる公式WEBサイト

山田まさる-Yamada Masaru-

岐阜清流高等特別支援学校を視察させていただきました。

岐阜清流高等特別支援学校を視察

岐阜清流高等特別支援学校は、職業的自立に必要な知識・技能の習得を目指して、企業の雇用ニーズに対応した選択専門コース、必須専門コースを設定し、コースに応じた学習を効果的に行うことが可能な施設と設備を用意されています。
中でも興味深く見させていただいたのは、校内宿泊生活訓練室でした。

卒業後、一人暮らしができる力を身に付けるように、クラスごとで校内宿泊を今後予定しているとのこと。マンションのような、バス、トイレ、キッチン付きのワンルームが用意されていました。授業終了後、生活訓練室に下校して、各自で夕食、入浴、洗濯、勉強などの計画を立てて生活するのだそうです。(10室あり)

また、工業コース・園芸コース・食品コース・ビジネス情報コース・福祉コース・ビルクリーニングコースの選択専門コースがあり、必須専門として、喫茶サービス・ロジスティックがある。

工業コースでは、手押し鉋盤やパネルソー等の大型木工機械を使い、テーブルやいす、引き出しのある家具などの木工家具の製造を行い、完成した木工製品は、学校祭などで販売する。

ビルクリーニングコースでは業務用のポリッシャーやバキューム等を使い、床清掃、ガラス清掃など建物清掃に関する基礎的な知識と技術を身に付ける学習を行う。

 

 

 

 


生徒が学校で学んだことを活かし、社会の一員として大いに活躍して欲しいと願っています。